기사제목 距離も近く、語順も同じ韓国と日本。 簡単にお互いの言葉を覚えられそうだが、韓国語を勉強していると言葉のニュアンスの違いが時に驚かされる
보내는분 이메일
받는분 이메일

距離も近く、語順も同じ韓国と日本。 簡単にお互いの言葉を覚えられそうだが、韓国語を勉強していると言葉のニュアンスの違いが時に驚かされる

#43 [言葉のニュアンス]
기사입력 2017.06.01 20:29
댓글 0
  • 카카오 스토리로 보내기
  • 네이버 밴드로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • 구글 플러스로 보내기
  • 기사내용 프린트
  • 기사내용 메일로 보내기
  • 기사 스크랩
  • 기사 내용 글자 크게
  • 기사 내용 글자 작게

#43 [言葉のニュアンス]

하루카 칼럼리스트.jpg
 

距離も近く、語順も同じ韓国と日本。

簡単にお互いの言葉を覚えられそうだが、韓国語を勉強していると言葉のニュアンスの違いが時に驚かされる。


最初に驚いたのは"愛人"だ。

韓国では字の如く、愛する人=恋人のことを指す。

決して怪しい関係では無い。

しかし日本で"愛人"と言えば、不倫相手になってしまう。

"愛人がいます"なんて言えば、韓国では"あら、素敵。"と返事が返ってくる反面、日本では"は?それヤバくない?"と返ってくるだろう。


以前、韓国の友人に"八方美人"と言われた事があった。

私は友人と思っていた人に貶されたと思って気分を少々害した。

何故なら日本では「調子のいい人、誰にでも愛想を振りまく人、何を考えてるか分からない人」といった悪いニュアンスがあるからだ。

しかし韓国では字の如く「あらゆる方面で才能がある人、欠点のない人」という意味で使われる。

最高の褒め言葉だ。


「言う事ない」は日本では賞賛で使う褒め言葉だが、韓国では救いようがない、呆れて言葉が出ないと言う意味になる。

これまた全く逆の意味になる。


調べてみると、同じ言葉でも意味が真逆だったり、ニュアンスが違う単語がまだまだたくさんあるようだ。

近くて遠い国。遠くて近い国。

同じ単語でも国を超えるとこれほどにまで意味に天と地の差がある。

歌手として女優として歌や演技を通して、まだまだ覚えなくてはいけない言葉や課題があるが、日本語の"当然"にとらわれず、韓国語のニュアンスを感じて勉強しなければならないと更に感じるキッカケになった。


[코코로 문화칼럼리스트 기자 haru522ouov@gmail.com]
<저작권자ⓒ아시아빅뉴스 & asiabignews.com 무단전재-재배포금지. >
이름
비밀번호
자동등록방지
70021
 
 
 
 
회사소개 | 광고안내 | 제휴·광고문의 | 기사제보 | 정기구독신청 | 다이렉트결제 | 고객센터 | 저작권정책 | 회원약관 | 개인정보취급방침 | 이메일주소무단수집거부 | RSStop